JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





殺菌剤及び消毒剤にビタミンB1を添加することによる米飯中のBacillus cereusの減少への相乗効果

データ
文献番号 6450
文献名 殺菌剤及び消毒剤にビタミンB1を添加することによる米飯中のBacillus cereusの減少への相乗効果
英文名 Synergistic Effect of Vitamin B1 on Sanitizer and Disinfectant Treatments for Reduction of Bacillus cereus in Rice
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.30 No.1 (2013/01/11)
掲載年 2010
著者 Lee M-J Ha J-H Ha S-D
発行機関 Wiley-Blackwell
概要

本文献では米飯を汚染しているB.cereusを制御するため、各種殺菌剤とビタミンB1で処理することで、本菌を殺菌する技術について検討を行っている。各種殺菌剤とビタミンB1で処理を行った米飯において、炊飯後の菌数を完全に抑制したことから、各種殺菌剤とビタミンB1の殺菌的な効果が確認された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本文献では米飯を汚染しているB.cereusを制御するため、各種殺菌剤とビタミンB1で処理することで、本菌を殺菌する技術について検討を行っている。B.cereusは環境中に広く分布しており、原料の段階で完全に除去することは難しく、またクロスコンタミネーションも起こりやすいことから、しばしばB.cereusが汚染したことによる食中毒も発生しているため、本法による殺菌法は米飯中でのB.cereusを制御するための技術として有用である。

危害情報 危害情報5376・生物的危害 セレウス 食品 炊飯製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |