JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





フルーツサラダの天然保存料としてのレモン抽出物

データ
文献番号 6449
文献名 フルーツサラダの天然保存料としてのレモン抽出物
英文名 Lemon Extract as Natural Preservative in Fruit Salad
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.29 No.4 (601-616)
掲載年 2009
著者 Conte A Scrocco C Sinigaglia M Nobile M A D
発行機関 Wiley-Blackwell
概要

本文献ではレモン抽出液によりカットフルーツを汚染している腐敗菌、酵母、カビの増殖を抑制する技術について検討を行っている。レモン抽出液でコーティングされたカットフルーツでの微生物の増殖が長期間抑制されたことから、レモン抽出液の抗菌的な効果が確認された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本文献ではカットフルーツの消費期限を延長するため、レモン抽出液によりカットフルーツを汚染している腐敗菌、酵母、カビの増殖を抑制する技術について検討を行っている。レモン抽出液でコーティングされたカットフルーツでの腐敗菌、酵母、カビの増殖は2週間程度抑制されたことから、レモン抽出液の抗菌的な効果が確認された。本方法による制御技術はカットフルーツの品質保持、消費期限の延長に有用であるといえる。

危害情報 危害情報5371・生物的危害 該当なし 食品
危害情報5372・生物的危害 該当なし 食品
危害情報5373・生物的危害 該当なし 食品
危害情報5374・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 食品
危害情報5375・生物的危害 該当なし 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |