JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





生および殺菌済み全卵液中のListeria monocytogenes検出方法とPFGEによる同定方法

データ
文献番号 6440
文献名 生および殺菌済み全卵液中のListeria monocytogenes検出方法とPFGEによる同定方法
英文名 Detection of Listeria monocytogenes in Raw and Pasteurized Liquid Whole Eggs and Characterization by PFGE
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.138 No.1 (56-62)
掲載年 2010
著者 Rivoal K Quéguiner S Boscher E Bougeard S Ermel G Salvat G Federighi M Jugiau F Protais J
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

リステリア菌の卵製品汚染の実態を検討するため、生および殺菌全卵液を三つの卵処理施設から収集し、2日間2℃で保存後および消費期限までの保存後に生菌数を測定した。汚染は夏と冬に多く、秋に少ないようだった。パルスフィールドゲル電気泳動では汚染菌は21の遺伝子型だったが、大部分は1遺伝型のみだった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

リステリア菌の卵製品汚染の実態を検討するため、生および殺菌全卵液を三つの卵処理施設から収集し、2日間2℃で保存後および消費期限までの保存後に生菌数を測定した。汚染は夏と冬に多く、秋に少ないようだった。パルスフィールドゲル電気泳動では汚染菌は21の遺伝子型だったが、大部分は1遺伝型のみだった。フランスではリステリア菌の汚染卵製品接種による疾患については記述が無く、本研究が初めての解析となる。

危害情報 危害情報5351・生物的危害 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |