JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





超臨界二酸化炭素殺菌法によるリンゴジュースにおけるAlicyclobacillus acidoterrestris芽胞の不活性化

データ
文献番号 6435
文献名 超臨界二酸化炭素殺菌法によるリンゴジュースにおけるAlicyclobacillus acidoterrestris芽胞の不活性化
英文名 Inactivation of Alicyclobacillus acidoterrestris Spores in Apple Juice by Supercritical Carbon Dioxide
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.136 No.1 (95-100)
掲載年 2009
著者 Bae Y Y Lee H J Kim S A Rhee M S
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

超臨界二酸化炭素殺菌法により、リンゴジュース中の好酸性菌Alicyclobacillus acidoterrestrisの胞子を完全に不活性化することに成功した。この殺菌法では、リンゴジュース中のpHやブリックスに全く影響を及ぼさなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

超臨界二酸化炭素殺菌法により、リンゴジュース中の好酸性菌Alicyclobacillus acidoterrestrisの胞子を完全に不活性化することに成功した。この殺菌法では、リンゴジュース中のpHやブリックスに全く影響を及ぼさなかった。また、超臨界二酸化炭素殺菌条件では温度が重要であった。Alicyclobacillus acidoterrestrisの胞子を完全に不活性化するための条件が、65℃では100バールで40分かかっていたものが、75℃では80バールで30分に短縮することが可能となった。

危害情報 危害情報5342・生物的危害 該当なし 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |