JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





超音波とオゾンの使用によるステンレスからのListeria monocytogenesバイオフィルムの除去

データ
文献番号 6400
文献名 超音波とオゾンの使用によるステンレスからのListeria monocytogenesバイオフィルムの除去
英文名 Removal of Listeria monocytogenes Biofilms from Stainless Steel by Use of Ultrasound and Ozone
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.72 No.6 (1306-1309)
掲載年 2009
著者 Baumann A R Martin S E Feng H
発行機関 International Association for Food Protection
概要

ステンレス表面のListeria monocytogenes バイオフィルムに対する超音波およびオゾンの単独処理と組合せ処理による殺菌効果を検討した。単独処理と比較し、組み合わせ処理によって顕著な殺菌効果の上昇が認められた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ステンレス表面のListeria monocytogenes バイオフィルムに対する超音波およびオゾンの単独処理と組合せ処理による殺菌効果を検討した。単独処理と比較し、組み合わせ処理によって顕著な殺菌効果の上昇が認められた。バイオフィルムの形成の防止と、形成されてしまったバイオフィルムの除去は食品衛生管理にとって大きな課題である。本論文の結果は効率的なバイオフィルムの除去に貢献できると考えられる。

危害情報 危害情報5238・生物的危害 その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |