JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





製造された米プリンのパルス電気フィールド処理について

データ
文献番号 6376
文献名 製造された米プリンのパルス電気フィールド処理について
英文名 Pulsed Electric Field Processing of Formulated Rice Pudding
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.28 No.1 (126-141)
掲載年 2008
著者 Ratanatriwong P Evrendilek G A Zhang Q H
発行機関 Wiley-Blackwell
概要

この研究では、パルス電気フィールド(PEF)処理された米プリンを製造する際の、最適なPEF条件を決定し、PEF処理した米プリンの保存期間を測定している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

この研究で、パルス電気フィールド(PEF)処理された米プリンを製造する際の、最適なPEF条件を決定し、PEF処理した米プリンの保存期間を測定した。米プリンを55 ℃で30秒加熱しパルス電気フィールド処理(55℃+PEF処理)する方法は、加熱処理のみをした対照の米プリンに比べて4℃での保存期間が94日まで延長できることから、明らかに効果があることが分かった。対照のサンプルは保存期間中にpHが低下したのに比べて55℃+PEF処理群のpHはほとんど変化しなかった。色調は両処理間に差はなかった。これらに加えて、高温処理よりもビタミン類、特にビタミンBなどの残存性が高く、今後の研究により、食品の新たな保存技術として将来性があると考えられた。

危害情報 危害情報4971・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 菓子製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |