JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





全液卵とスキムミルクの混合飲料におけるセレウス菌の不活化に対するパルス電場処理とCocoanOXの協奏作用

データ
文献番号 6366
文献名 全液卵とスキムミルクの混合飲料におけるセレウス菌の不活化に対するパルス電場処理とCocoanOXの協奏作用
英文名 Synergistic effect of Pulsed Electric Fields and CocoanOX 12% on the inactivation kinetics of Bacillus cereus in a mixed beverag
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.130 No.3 (196-204)
掲載年 2009
著者 Pina-Pérez M C Silva-Angulo A B Rodrigo D Martínez-López A
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

全液卵を添加したスキムミルク飲料の殺菌にあたっては、強度の加熱処理が適さないため、パルス電場処理による殺菌を検討した論文である。また、Cocoan OX(ココア由来抗菌物質製剤)を添加した場合の相乗効果を示している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

パルス電場処理による殺菌は製品に与える影響が少ないというメリットがある。本著者らはパルス電場処理単独での殺菌に加えて、ココア抽出物(CocoanOX)を添加することで、殺菌効果が向上することを示している。液卵加スキムミルクに限らず、液卵を含む製品において、加熱凝固による品質低下あるいは殺菌装置への影響等を考慮すると、本法のような非加熱の殺菌法は有用であると考えられる。

危害情報 危害情報4915・生物的危害 セレウス 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |