JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





新鮮な農産物中のネズミチフス菌に対する銀梅花油の有効性

データ
文献番号 6363
文献名 新鮮な農産物中のネズミチフス菌に対する銀梅花油の有効性
英文名 Efficacy of myrtle oil against Salmonella Typhimurium on fresh produce
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.130 No.2 (147-150)
掲載年 2009
著者 Gündüz G T Gönül S A Karapinar M
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

銀梅花油を含んだ溶液による浸漬(実験は20分まで)・洗浄操作により、トマトおよびカットレタスに接種したSalmonella Typhimuriumの菌数が1.6〜1.9 log CFU/g 減少することを報告した論文である。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本報告では、実際のトマト、レタスに付着したサルモネラ属菌の減少に銀梅花油が一定の効果を有することを示している。同程度の防除作用は他の野菜、果実類についても想定することができる。"

危害情報 危害情報4909・生物的危害 サルモネラ 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |