JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





搾乳設備の表面の清浄度の評価のためのATPバイオルミネッセンスの応用

データ
文献番号 6344
文献名 搾乳設備の表面の清浄度の評価のためのATPバイオルミネッセンスの応用
英文名 Application of ATP bioluminescence for evaluation of surface cleanliness of milking equipment
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.125 No.3 (357-361)
掲載年 2008
著者 Vilar M J Rodríguez-Otero J L Diéguez F J Sanjuán M L Yus E
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

ATP生物発光測定法により、スペイン北西部ガリシア地方の搾乳場の搾乳設備の表面に付着している菌数の測定を行った。その結果、塩素消毒されていない水を用いて洗浄している搾乳設備のパイプライン等が、最も汚染されていることが判明した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ATP生物発光測定法により、スペイン北西部ガリシア地方の搾乳場の搾乳設備の表面に付着している菌数の測定を行った。その結果、塩素消毒されていない水を用いて洗浄している搾乳設備のパイプライン等が、最も汚染されていることが判明した。また、ATP生物発光測定法で測定された値と、菌数測定法の値を比較すると種々の要因により約12%の誤差が生じていた。

危害情報 危害情報5129・生物的危害 該当なし その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |