JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





検査培地と東洋式の米ケーキ中の食物由来病原体の増殖に対する市販の緑茶とローズマリーの葉の粉末の阻害効果

データ
文献番号 6342
文献名 検査培地と東洋式の米ケーキ中の食物由来病原体の増殖に対する市販の緑茶とローズマリーの葉の粉末の阻害効果
英文名 Inhibitory Effect of Commercial Green Tea and Rosemary Leaf Powders on the Growth of Foodborne Pathogens in Laboratory Media and
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.72 No.5 (1107-1111)
掲載年 2009
著者 Lee S-Y Gwon S-Y Kim S-J Moon B K
発行機関 International Association for Food Protection
概要

食品に添加した緑茶及びローズマリーの食品由来病原体に対する抗菌効果を検査培地及び東洋式米ケーキを用いて調べた。どちらの物質も1%添加でTSB培地内での微生物の増殖抑制効果を示した。米ケーキでは1%あるいは3%の添加で好気性生菌数に差は認められなかったが、黄色ブドウ球菌及びセレウス菌の増殖を抑制した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本文献は緑茶やハーブ葉などの天然成分の添加により、食品中の汚染菌の増殖を押さえることができることを示している。特に、グラム陰性菌のみならず、芽胞産生菌の増殖を抑制できたことは重要な知見である。

危害情報 危害情報5110・生物的危害 セレウス 食品 食品包装詰常温流通食品
危害情報5111・生物的危害 ブドウ球菌 食品 食品包装詰常温流通食品
危害情報5112・生物的危害 サルモネラ 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |