JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





超高圧均質化による液体の全卵中のSalmonella enterica Serovar Senftenberg 775W の不活性化

データ
文献番号 6292
文献名 超高圧均質化による液体の全卵中のSalmonella enterica Serovar Senftenberg 775W の不活性化
英文名 Inactivation of Salmonella enterica Serovar Senftenberg 775W in Liquid Whole Egg by Ultrahigh Pressure Homogenization
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.71 No.11 (2283-2288)
掲載年 2008
著者 Velázquez-Estrada R M Hernández-Herrero M M López-Pedemonte T Guamis-López B Roig-Sagués A X
発行機関 International Association for Food Protection
概要

サルモネラ菌を播種した液状全卵に超高圧均一化処理を行い、生菌数を計数した。107CFU/ml添加時では、250MPa処理により菌数は10^(3.2)CFU/mlとなった。4℃保存後10日では、高圧処理後には培養法では生菌は検出できなくなったが、VIDAS免疫測定では生菌を検出できた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

サルモネラ菌を播種した液状全卵に超高圧均一化処理を行い、生菌数を計数した。10^(7)CFU/ml添加時では、250MPa処理により菌数は10^(3.2)CFU/mlとなった。4℃保存後10日では、高圧処理後には培養法では生菌は検出できなくなったが、VIDAS免疫測定では生菌を検出できた。全卵は熱処理に不向きな材料であるため、以上の結果は、全卵の超高圧処理についてさらなる検討を推奨するものである。

危害情報 危害情報5046・生物的危害 サルモネラ 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |