JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





オランダのブロイラー供給網におけるサルモネラの汚染率

データ
文献番号 6280
文献名 オランダのブロイラー供給網におけるサルモネラの汚染率
英文名 Prevalence of Salmonella in the Broiler Supply Chain in The Netherlands
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.71 No.10 (1974-1980)
掲載年 2008
著者 van der Fels-Klerx H J Jacobs-Reitsma W F Van Brakel R Van der Voet H Van Asselt E D
発行機関 International Association for Food Protection
概要

2002年から2005年にかけてオランダのブロイラー供給網におけるサルモネラ汚染状況を調査した。その結果、汚染率は2002年から2005年にかけてやや減少傾向を示した。汚染率は6月から12月のほうがそれ以外より高い傾向を示した。と畜場の大きさは汚染率に影響があった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

2002年から2005年にかけてオランダのブロイラー供給網におけるサルモネラ汚染状況を調査した。その結果、汚染率は2002年から2005年にかけてやや減少傾向を示した。汚染率は6月から12月のほうがそれ以外より高い傾向を示した。大型のと畜場の方が、小型のと畜場より受け入れ時には低い傾向を示したが、出荷時に高い傾向を示した。ブロイラーの供給網でみると、汚染率(%)は4年間の平均で、孵化場の出荷時0.30、ブロイラー農場への入荷時1.57、ブロイラー農場からの出荷時5.85、と畜場入荷時7.66、と畜場出荷時9.40、加工場集荷時3.17であり、供給網を通じて増加し、最終の加工場出荷時で減少した。

危害情報 危害情報5005・生物的危害 サルモネラ 食品 食肉製品
危害情報5006・生物的危害 サルモネラ 食品 食肉製品
危害情報5007・生物的危害 サルモネラ 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |