JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ISO22000認証食肉処理施設の衛生管理および各種工程等の細菌学的衛生状況

データ
文献番号 6278
文献名 ISO22000認証食肉処理施設の衛生管理および各種工程等の細菌学的衛生状況
英文名 Sanitation Control on Beef Processing Plant Certified of ISO22000, and Contamination of Meat and Implements in the Plant
雑誌名 日本食品微生物学会誌 Vol.25 No.4 (153-158)
掲載年 2008
著者 小林光士 川植義彦 牛丸藤彦 下出敏樹 古内功二 永瀬正幸 舩場信幸 澤孝茂 水上和則 岩本允 小池健太 小池史晃 森田幸雄
発行機関 日本食品微生物学会
概要

飛騨ミート農業協同組合連合会は飛騨牛を中心とした牛肉の処理、加工、販売を活動範囲としたISO9001の認証及びISO22000の認証を取得している。衛生管理システム及び各工程における細菌検査結果を紹介した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

飛騨ミート農業協同組合連合会は飛騨牛を中心とした牛肉の処理、加工、販売を活動範囲としたISO9001の認証及びISO22000の認証を取得している。衛生管理システム及び各工程における細菌検査結果を紹介した。ISO22000の手順により、前提条件プログラム (PP)、標準作業書 (SSOP)、検証プラン等からなるHACCPプランを作成した。牛の枝肉、部分肉、精肉、切モツ、内臓白物、内臓赤物、串、アキレスの8つの製品について、その特性、工程、フローダイアグラム、ハザード分析、SSOP,重要管理点(CCP)等を検討し、HACCPプランを作成した。現在のところ、大腸菌やサルモネラ属菌は未検出であり、大腸菌群や一般細菌のモニタリングを行っており、微生物学的には良好なと畜、加工工程であることを確認している。

危害情報 危害情報5122・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 食品 食肉製品
危害情報5123・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |