JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ブラックタイガーエビに接種したSalmonella WeltevredenおよびS. Senftenbergの冷凍保存下における生残性

データ
文献番号 6273
文献名 ブラックタイガーエビに接種したSalmonella WeltevredenおよびS. Senftenbergの冷凍保存下における生残性
英文名 Survival of Salmonella Weltevreden and S. Senftenberg in Black Tiger Shrimp under Frozen Storage
雑誌名 食品衛生学雑誌 Vol.50 No.2 (85-88)
掲載年 2009
著者 野田裕之 千須和美母衣 金子通治 尾上洋一 高鳥浩介 工藤由起子
発行機関 (社)日本食品衛生学会
概要

ブラックタイガーの冷凍保存中のサルモネラ属菌の生残性について調べた。殻なしのエビの表面もしくは内部にWeltevreden株 及びSenftenberg株を接種し、-10、-20、-30℃で12週間貯蔵した。いずれの場合も生き残り、表面より内部が、またより低温のほうが生残は高かった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

エビ等の魚介類はサルモネラに汚染されている場合がある。ブラックタイガーエビの飼育、加工、輸送などの段階でのサルモネラ属菌の付着を想定し、殻なしのエビの表面もしくは内部ににWeltevreden株と Senftenberg株を接種し、-10、-20、-30℃で12週間貯蔵し、冷凍保存中のサルモネラ属菌の生残性について調べた。いずれの場合も生き残り、表面より内部が、またより低温のほうが生残は高かった。-30℃保存では1週間後に1オーダー以上の減少は認められなかった。

危害情報 危害情報5125・生物的危害 サルモネラ 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |