JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





強酸性電解水ならびに強アルカリ性電解水散布によるネギ生菌数の抑制ならびに生長促進効果

データ
文献番号 6267
文献名 強酸性電解水ならびに強アルカリ性電解水散布によるネギ生菌数の抑制ならびに生長促進効果
英文名 Spray Application of Electrolyzed Acidic and Alkaline Water on Leeks for Reduction of Viable Bacteria and Growth Promotion
雑誌名 日本食品保蔵科学会誌 Vol.31 No.1 (15-19)
掲載年 2005
著者 Achiwa N Katayose M Yoshida K Saito Y Kusakari S Abe K
発行機関 日本食品保蔵科学会
概要

水耕栽培のネギに強酸性電解水と強アルカリ性電解水を1週間ごとに交互に散布した。収穫時に一般細菌数は、コントロールと比べ、10分の1に、大腸菌群数は約30分の1になった。酸焼けもなく、新鮮重も重くなった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

水耕栽培のネギに強酸性電解水と強アルカリ性電解水を1週間ごとに交互に散布した。収穫時に一般細菌数は、コントロールと比べ、10分の1に、大腸菌群数は約30分の1になった。酸焼けもなく、新鮮重も有意に重くなった。本法は農業生産性からも安全性確保の観点からも有効と考えられた。

危害情報 危害情報4696・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品
危害情報4697・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |