JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





市販サラダの生菌数ならびに強酸性電解水による殺菌効果

データ
文献番号 6266
文献名 市販サラダの生菌数ならびに強酸性電解水による殺菌効果
英文名 Viable Bacterial Counts on Freshu-cut Salads and Bactericidal Effect of Electrolyzed Acidic Water
雑誌名 日本食品保蔵科学会誌 Vol.30 No.4 (185-190)
掲載年 2004
著者 Achiwa N Katayose M Yoshida K Saito Y Kusakari S Abe K
発行機関 日本食品保蔵科学会
概要

7種の市販サラダの生菌数を1年にわたり調べた結果、3-7 log CFU/g であった。電解酸性水処理することで、1-2 log CFU/g 菌数が減少した。持ち帰り用密封サンプル(4種)に比べ、持ち帰り用盛り付けサンプル(3種)に対する殺菌効果が高い傾向を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

7種のカットサラダの生菌数を1年にわたり調べた結果、3-7 log CFU/g であった。市販サラダを電解酸性水で殺菌処理した結果、1-2 log CFU/g 程度菌数が減少した。持ち帰り用密封サンプル(4種)に比べると、持ち帰り用盛り付けサンプル(3種)は殺菌されやすい傾向を示した。これは盛り付けサンプルが2次汚染を受けている可能性を示した。

危害情報 危害情報4695・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 惣菜


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |