JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





高静水圧によるキーウィフルーツとパイナップルジュース中の大腸菌とListeria innocuaの不活性化

データ
文献番号 6263
文献名 高静水圧によるキーウィフルーツとパイナップルジュース中の大腸菌とListeria innocuaの不活性化
英文名 Inactivation of Escherichia coli and Listeria innocua in kiwifruit and pineapple juices by high hydrostatic pressure
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.124 No.3 (275-278)
掲載年 2008
著者 Buzrul S Alpas H Largeteau A Demazeau G
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

キウイフルーツジュースもしくはパイナップルジュースに Escherichia coli および Lysteria innocua を添加後、300 MPa、5分の高圧処理した。この高圧条件は商業的処理条件(400MPa以上)より低いが、両菌の不活性化に有効であった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"キウイフルーツジュースもしくはパイナップルジュースに Escherichia coli および Lysteria innocua を添加し、300 MPa、5分の高圧処理した。高圧処理 (350 MPa, 20℃、60秒5回) した後、4, 20, 37℃で3週間貯蔵した。高圧処理後、キウイフルーツジュースでは5 log 以上の菌が減少したが、パイナップルジュースでは 3 log 程度しか減少しなかった。いずれの場合も 4℃で24時間貯蔵後は、1log 以上減少した。いずれの場合も3週間後に菌の回復は認められなかった。"

危害情報 危害情報4688・生物的危害 食品 清涼飲料水
危害情報4689・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |