JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





陽極電解塩化ナトリウム溶液処理後にエッセンシャル・オイルでコーティングされたセミフライマグロスライスの貯蔵期間

データ
文献番号 6239
文献名 陽極電解塩化ナトリウム溶液処理後にエッセンシャル・オイルでコーティングされたセミフライマグロスライスの貯蔵期間
英文名 Shelf Life of Semifried Tuna Slices Coated with Essential Oil Compounds after Treatment with Anodic Electrolyzed NaCl Solution
雑誌名 Journal of Food Protection (770-774)
掲載年 2008
著者 Abou-T M Kawai Y
発行機関 International Association for Food Protection
概要

マグロスライスを100倍に希釈した陽極電解塩化ナトリウム溶液、さらに2種類からなる1%のエッセンシャル・オイルで処理後に、170℃で1分間揚げ、それの貯蔵期間を調べた。揮発性塩基態窒素量、脂質酸化度、共に減少し、官能検査及び微生物学的検査では処理により貯蔵期間が延長することが判明した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

これまでの報告で、大腸菌、リステリア菌、カンピロバクター菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、ラクトバチルス菌、ヘリコバクターピロリ菌、カビ、ウイルスに対し抗菌効果があるとされるオイゲノールと、ロドコッカス菌などに抗菌効果を示すリナロールの2つのエッセンシャルオイルの処理により、油で揚げたマグロスライスの貯蔵期間を延すことが出来た。この効果は、5℃においても25℃においてもみられた。

危害情報 危害情報4634・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |