JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ベルギーにおける牛肉、豚肉、家禽肉での選択された病原菌のための衛生指標菌

データ
文献番号 6223
文献名 ベルギーにおける牛肉、豚肉、家禽肉での選択された病原菌のための衛生指標菌
英文名 Hygiene Indicator Microorganisms for Selected Pathogens on Beef, Pork, and Poultry Meats in Belgium
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.71 No.1 (35-45)
掲載年 2008
著者 Ghafir Y China B Dierick K De Zutter L Daube G
発行機関 International Association for Food Protection
概要

2000年から2003年の期間で、ベルギーにおける牛肉、豚肉、家禽肉の屠殺場から小売店までの全流通経路での、サルモネラ菌・カンピロバクター菌・大腸菌等の細菌汚染の検査を実施し、最適な衛生指標菌の選択等を行った。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

2000年から2003年の期間で、ベルギーにおける牛肉、豚肉、家禽肉の屠殺場から小売店までの全流通経路での、サルモネラ菌・カンピロバクター菌・大腸菌等の細菌汚染の検査を実施し、最適な衛生指標菌の選択等を行った。その結果、大腸菌がサルモネラ菌、カンピロバクター菌における衛生指標菌として最も適した菌であった。

危害情報 危害情報4608・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報4609・生物的危害 サルモネラ 食品 食肉製品
危害情報4610・生物的危害 カンピロバクター 食品 食肉製品
危害情報4611・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |