JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ロマインレタスおよびベビーホウレンソウの葉に内部移行した病原性大腸菌O157:H7を不活性化するための過塩素酸ナトリウム洗浄と放射線照射の効果の比較

データ
文献番号 6215
文献名 ロマインレタスおよびベビーホウレンソウの葉に内部移行した病原性大腸菌O157:H7を不活性化するための過塩素酸ナトリウム洗浄と放射線照射の効果の比較
英文名 Relative Efficacy of Sodium Hypochlorite Wash Versus Irradiation To Inactivate Escherichia coli O157:H7 Internalized in Leaves o
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.70 No.11 (2526-2532)
掲載年 2007
著者 Niemira B A
発行機関 International Association for Food Protection
概要

ロマインレタスおよびベビーホウレンソウの葉の内部に病原性大腸菌O157:H7を接種し,不活性化するための過塩素酸ナトリウム洗浄と放射線照射の効果の比較を行った.小片化した葉ものでは,薬剤液洗浄は余り有効でなかったが,放射線では著効が認められた.

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

アスコルビン酸の存在によりとくにホウレンソウでの放射線処理による大腸菌O157:H7への殺菌効果の阻害性について指摘されていたが,かなり葉を透過して有効であることが示され,一方では意外と過塩素酸Na溶液による殺菌効果の少ない点が証明されたことは,HACCPの観点から極めて重要である.とくに,水による洗浄は全く無効であることは十分に留意すべき点であろう.

危害情報 危害情報4590・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |