JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





フィンランドの食品サービス創立時期における卵殻の取り扱いと調製練習

データ
文献番号 6211
文献名 フィンランドの食品サービス創立時期における卵殻の取り扱いと調製練習
英文名 Shell Egg Handling and Preparation Practices in Food Service Establishments in Finland
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.70 No.10 (2266-2272)
掲載年 2007
著者 Lievonen S Ranta J Maijala R
発行機関 International Association for Food Protection
概要

フィンランドの食品サービス店舗(レストラン,社員食堂,学校や病院調理施設)の鶏卵(殻付き,殻無し)の取り扱い方法をアンケート調査により解析した.その結果,国内の大半の店舗では問題は無かったが,30%のレストランで温度管理が家庭よりも不十分であった.各店舗における調理慣習にも危険性は見出されなかった.

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

フィンランドにおける食品を提供するサービス店舗に対する鶏卵の使用状況を調査したものである.各種レストラン,社員食堂および集団給食施設などでの卵の保存状況,使用状況,提供する卵料理状況のデータはHACCP管理でも有用である.

危害情報 危害情報4586・生物的危害 サルモネラ 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |