JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





超音波処理および天然抗菌物質を併用した、オレンジジュースにおけるL. monocytogenesの不活化

データ
文献番号 6203
文献名 超音波処理および天然抗菌物質を併用した、オレンジジュースにおけるL. monocytogenesの不活化
英文名 Combined Use of Ultrasound and Natural Antimicrobials To Inactivate Listeria monocytogenes in Orange Juice
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.70 No.7 (1850-1856)
掲載年 2007
著者 Ferrante S Guerrero Sandra A Stella M
発行機関 International Association for Food Protection
概要

超音波と天然由来抗菌物質(バニリン、シトラール)を組み合わせて用いることにより、未殺菌オレンジジュース中のListeria monocytogenesを低減することに成功した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Listeria monocytogenesは耐酸性が強いため、本報告で取り上げた低酸性のジュースの中でも生残することが可能である。このような食品におけるリステリアリスク低減のためには本菌を効率よく低減させる技術が求められているが、本研究で試みた天然成分であるVanillinとCitralおよび超音波処理を組み合わせることでリステリア菌を低減させることが可能であった。VanillinとCitralは単体でも効果が認められたが、組み合わせることで効率のよい低減方法となることが明らかとなり、これらの殺菌法として有用であることが示された。

危害情報 危害情報4568・生物的危害 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |