JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





リステリア菌阻害のためにナイシンでコートされたプラスチックフィルムの有効性と安定性

データ
文献番号 6185
文献名 リステリア菌阻害のためにナイシンでコートされたプラスチックフィルムの有効性と安定性
英文名 Effectiveness and Stability of Plastic Films Coated with Nisin for Inhibition of Listeria monocytogenes
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.70 No.5 (1267-1271)
掲載年 2007
著者 Neetoo H Ye M Chen H
発行機関 International Association for Food Protection
概要

天然の抗菌ペプチドであるナイシンを5種の市販プラスチックフィルムにコートし、それらのリステリア菌、ミクロコッカス、乳酸菌に対する抗菌活性を調べた。これら含ナイシンフィルムは12週間後もリステリア菌と乳酸菌に対する抗菌活性を保持していた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

リステリア菌による食中毒を防止する手法を開発するために、抗菌性ペプチドであるナイシンをコートしたフィルムの抗菌活性を調べた。低密度ポリエチレン、エチレン-酢酸ビニル共重合体、エチレン-メタクリレート共重合体フィルムはともにナイシンの保持能が高く、4℃あるいは室温における食品の長期保存に有効であることが示唆された。

危害情報 危害情報4753・生物的危害 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |