JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





LightCycler を用いたノロウイルス遺伝子検出法の検討

データ
文献番号 6162
文献名 LightCycler を用いたノロウイルス遺伝子検出法の検討
英文名 Detection Assays of Norovirus Genome Using LightCycler
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.24 No.4 (183-188)
掲載年 2007
著者 森田幸雄 藤田雅弘 斎藤美香 塚越博之 星野利得 加藤政彦 小澤邦寿 西尾治 木村博ー
発行機関 日本食品微生物学会
概要

Light Cycler法を用い、GI、GIIそれぞれのタイプのノロウイルスを検出法する方法を開発した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本報告では公定法で行われているcDNA作成法をPCR反応チューブ中で行うOne StepPCR法の開発を行っている。この方法と公定法によるcDNA法を比較し、同等の結果を得ていることからNVの高感度かつ、迅速な検出法として有効であることを示している。

危害情報 危害情報4708・生物的危害 小型球形ウィルス(ノロウィルス) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |