JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





MA包装に替わるアリルイソチオシアネートによるチーズの有効な包装

データ
文献番号 6098
文献名 MA包装に替わるアリルイソチオシアネートによるチーズの有効な包装
英文名 Active Packaging of Cheese with Allyl Isothiocyanate, an Alternative to Modified Atmosphere Packaging
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.10 (2430-2435 )
掲載年 2006
著者 Winther M Nielsen P V
発行機関 International Association for Food Protection
概要

アリルイソチオシアネート(AITC)をチーズの包装に用い、その貯蔵効果を調べた。AITCラベル1枚を用いてそのまま貯蔵するとシェルフライフが4.5週から13週に延び、MAを併用すると28週まで延びた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ハードチーズの貯蔵にはMA包装が用いられている。アリルイソチオシアネート(AITC)を包装に添加することでシェルフライフが延びるかを検討した。その結果、MAでは18週だったものが、28週に延びた。

危害情報 危害情報4440・生物的危害 該当なし 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |