JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ジャガイモにおけるエルシニアエンテロコリチカの不活化と天然細菌叢の減少に対するオゾンの効果

データ
文献番号 6095
文献名 ジャガイモにおけるエルシニアエンテロコリチカの不活化と天然細菌叢の減少に対するオゾンの効果
英文名 Effect of Ozone on the Inactivation of Yersinia enterocolitica and the Reduction of Natural Flora on Potatoes
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.10 (2357-2363 )
掲載年 2006
著者 Selma M V Beltrán D Chacón-Vera E Gil M I
発行機関 International Association for Food Protection
概要

ジャガイモ表面に付着させたエルシニアに対するオゾンの殺菌効果を評価した。5ppm, 1分の処理で付着エルシニアは1.6 log CFU/g減少した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

生野菜はしばしばエルシニアに汚染されている。エルシニアを付着させたジャガイモをオゾン水で処理し、その殺菌効果を調べた。ジャガイモに付着させたエルシニアはオゾン水(5ppm、1分)処理で1.6 logCFU/g減少した。

危害情報 危害情報4437・生物的危害 食品 惣菜


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |