JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





腸炎ビブリオ食中毒の高頻度発生日

データ
文献番号 6078
文献名 腸炎ビブリオ食中毒の高頻度発生日
英文名 High-Frequency Occurrences of Vibrio parahaemolyticus Food Poisoning Cases
雑誌名 日本防菌防黴学会誌 Vol.34 No.8 (479-484 )
掲載年 2006
著者 高橋正弘 清水剛 鈴木仁一 中村丁次 金子精一
発行機関 日本防菌防黴学会
概要

「全国食中毒事件録」((社)日本食品衛生協会編)に集録されている腸炎ビブリオ食中毒の発生件数・患者数を供試し,発生日の特異性を検討した特異日は 8月中旬と9月中旬に集積性が認められた.曜日別の発生頻度は日曜日が高く,有意差が認められた.月別の発生頻度は8月,9月,7月の順に高く,有意差が認められた.

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"

危害情報 危害情報4415・生物的危害 腸炎ビブリオ その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |