JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





gyrB遺伝子内部塩基配列に基づく飲料変敗細菌Alicyclobacillus acidoterrestrisの鑑別法

データ
文献番号 6062
文献名 gyrB遺伝子内部塩基配列に基づく飲料変敗細菌Alicyclobacillus acidoterrestrisの鑑別法
英文名 Development of a Detection Method for the Beverage Putrefactive Bacteria, Alicyclobacillus acidoterrestris, Based on gyrB Gene
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.23 No.3 (149-155 )
掲載年 2006
著者 後藤慶一 浅原未佳 笠井宏朗 横田明 
発行機関 日本食品微生物学会
概要

リンゴ果汁などの変敗で問題となることがあるアリシクロバシルスについて、gyrB遺伝子を用いた高感度で迅速なPCRおよびLAMP検出法を開発した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Alicyclobacillus属細菌は飲料やその原料に広範囲に混入していることが報告されている。その中で、実際に変敗を起こすのはA. acidoterrestrisのみである。従ってA. acidoterrestrisのみを他のAlicyclobacillus属細菌と効率よく鑑別検出することは品質管理上非常に重要である。ここでは新たなプラーマーを設計することで、A. acidoterrestrisのみを5時間のPCRまたは2時間以内でLAMP法での検出ができる方法を開発した。本方法と培養法を組み合せることにより、短時間で正確に菌を鑑別可能であり、品質管理への応用が期待される。

危害情報 危害情報4393・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |