JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





非加熱水産食品に接種したListeria monocytogenesの挙動と発酵乳酸ナトリウムによる制御

データ
文献番号 6056
文献名 非加熱水産食品に接種したListeria monocytogenesの挙動と発酵乳酸ナトリウムによる制御
英文名 Behavior of Listeria monocytogenes in Ready-to-Eat Seafood Products and Their Inhibition by Sodium Lactate
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.23 No.2 (72-78 )
掲載年 2006
著者 萩原博和 伊澤浩泰 石津麻衣 柿澤毅 松田敏生
発行機関 日本食品微生物学会
概要

スモークサーモンと味付けイクラに接種したリステリア菌の挙動と発酵乳酸ナトリウムによる発育抑制効果について検討した。その結果、発酵乳酸ナトリウム3%の添加により、5℃と10℃で菌の発育を抑制する効果があった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

加熱殺菌ができない食品では発酵乳酸ナトリウム添加などによりリステリア菌の増殖抑制効果が可能となる。また、食塩の添加により相乗的な抑制効果も期待できる。

危害情報 危害情報4382・生物的危害 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |