JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





飲料におけるAlicyclobacillusを数えるための直接プレーティング方法の評価

データ
文献番号 6046
文献名 飲料におけるAlicyclobacillusを数えるための直接プレーティング方法の評価
英文名 Evaluation of direct plating methods to enumerate Alicyclobacillus in beverages
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.115 No.1 (59-69 )
掲載年 2007
著者 Murray M B Gurtler J B Ryu J-H Harrison M A Beuchat L R
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

Alicyclobacillus属菌の、プレート法による菌数測定の方法を検討した。検討した項目は、プレートの成分、培養温度、培養時間の3点である。その結果、BAT寒天培地で43℃、3日間の条件が最も適した培養条件であった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"飲料の腐敗に深く関与するAlicyclobacillus属菌3種(A. acidoterrestris, A. acidocaldarius, A. cycloheptamicus)の、プレート法による菌数測定の方法を検討した。検討した項目は、プレートの成分がK寒天培地、ALI寒天培地、BAT寒天培地の3種類。培養温度は43℃と50℃、培養時間は10日間までで行った。その結果、BAT寒天培地で43℃、3日間の条件が最も適した培養条件であった。"

危害情報 危害情報4365・生物的危害 該当なし 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |