JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





微生物のリスクアセスメントのための拡大フェルミ解析法

データ
文献番号 6029
文献名 微生物のリスクアセスメントのための拡大フェルミ解析法
英文名 An expanded Fermi solution for microbial risk assessment
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.113 No.1 (92-101 )
掲載年 2007
著者 Peleg M Normand M D Horowitz J Corradini M G
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

「フェルミ解析法」は、詳細が得られないような因子に関する推測から導きだされる重要さの算出に用いられる。その概念は正確なデータが存在しないために、幾つかの推測が避けられないようなタイプの食中毒、リスクアセスメントや食品や飲料水の供給に対するバイオテロ攻撃の犠牲者の数の推定に潜在的な応用力を持っている。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

「フェルミ解析法」は、詳細な知識が得られないような因子に関する推測から導きだされる重要性の量の算出に引用される。この方法は正確な重要性ではなく関連する因子が分かっている時にはリスクアセスメントにも応用されている。その概念は正確な関連するデータが存在しないために、幾つかの推測が避けられないようなあるタイプの食中毒、リスクアセスメントや食品や飲料水の供給に対するバイオテロ攻撃の犠牲者の数の推定に潜在的な応用力を持つ。われわれは因子群の見積もりとして単一の値ではなく、ある範囲の値を入力する新しいバージョンの方法を考案した。この概念は二つの仮説問題により論証した。すなわち、汚染された食事による急性食中毒で発病する患者の数の推定と大都市における一日のサルモネラ症の数の見積もりである。

危害情報 危害情報4343・生物的危害 サルモネラ 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |