JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ノルウェーの飲料水におけるカビ種の多様性と重要性

データ
文献番号 6007
文献名 ノルウェーの飲料水におけるカビ種の多様性と重要性
英文名 Diversity and Significance of Mold Species in Norwegian Drinking Water
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.12 (7586-7593 )
掲載年 2006
著者 Hageskal G Knutsen A K Gaustad P de Hoog G S Skaar I
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

ノルウェーにおける陸上水、表層水を起源とする水道水中におけるカビの発生、分布と有意性を調べるために原水、処理水、家庭と病院の取り込み口から273検体集められ、分析と同定を行った。その結果、94種30属のカビが同定された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ノルウェーにおける陸上水、表層水を起源とする水道水中におけるカビの発生、分布と有意性を調べるために原水、処理水、家庭と病院の取り込み口から273検体集められた。試料水を100mlメンブランフィルターにてろ過後、dichloran-18%glycerol寒天培地にて20±1℃にて2週間培養後、菌数をカウントし、それぞれのコロニーを単離培養し、形態観察および分子生物学手法にて同定した。その結果、94種30属のカビが同定された。優性種はPenicillium属、Trichoderma属、Aspergillus属であり、末端の水道分配施設より検出された。いくつかの種はヒトに対してアレルギーや病気の原因となるものもあった。また、その他の種は食品や飲料において悪臭や味覚劣化を引き起こす汚染種であった。

危害情報 危害情報4268・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報4269・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他
危害情報4270・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |