JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食物中の黄色ブドウ球菌エンテロトキシンBの検出と定量のための免疫定量的リアルタイムPCR

データ
文献番号 5992
文献名 食物中の黄色ブドウ球菌エンテロトキシンBの検出と定量のための免疫定量的リアルタイムPCR
英文名 Immunoquantitative Real-Time PCR for Detection and Quantification of Staphylococcus aureus Enterotoxin B in Foods
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.10 (6593-6599 )
掲載年 2006
著者 Rajkovic A Moualij B E Uyttendaele M Brolet P Zorzi W Heinen E Foubert E Debevere J
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

黄色ブドウ球菌エンテロトキシンB(SEB)検出のための免疫定量的リアルタイムPCRを開発し、菌培養液と食物を使って評価を行った。この方法は実験室内ELISAより1000倍も感度が良く、食物に阻害されることなく食物中に含まれるSEBを検出できた。また、他の毒素との交差反応も認められなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本法はSEB検出においてこれまでの報告において最も感度が高い方法であり、他の毒素タイプとの交差反応を示さない。そのため、培養菌液中、食物中の微量のSEBの検出と定量法として有望である。

危害情報 危害情報4249・生物的危害 ブドウ球菌 食品 惣菜
危害情報4250・生物的危害 ブドウ球菌 培地
危害情報4251・生物的危害 ブドウ球菌 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |