JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Estuarineバイオフィルム細菌性群落における安定性と変化

データ
文献番号 5983
文献名 Estuarineバイオフィルム細菌性群落における安定性と変化
英文名 Stability and Change in Estuarine Biofilm Bacterial Community Diversity
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.9 (5679-5688 )
掲載年 2006
著者 Moss J A Nocker A Lepo J E Snyder R A
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

本研究ではフロリダ湾のestuarineバイオフィルム中の主たる微生物の系統樹グループの安定性と変化を16S rRNA遺伝子解析により検討した.これらは温度,栄養学的利用性,光などにより変化した.集合体構造は,衛生状態と溶存酸素量の変化が大きくても安定だった

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

全くどのような微生物がいるかどうかが不明なバイオフィルムなどが対象の解析では,本研究のPCR増幅産物を制限酵素で消化して解析するT-RFLP法は極めて有効であり,その後の系統樹解析と合わせて強力な研究ツールと思われた.バイオフィルム中の菌体外多糖マトリックスを作る微生物により湾岸の環境ストレスや化学物質汚染から守り,植物性プランクトンとの共生を果たしているというポジティブな評価はHACCP的に興味深い.

危害情報 危害情報4241・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |