JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





健康なあるいは下痢のブタから単離された大腸菌菌株の病原性遺伝子プロフィールの比較

データ
文献番号 5979
文献名 健康なあるいは下痢のブタから単離された大腸菌菌株の病原性遺伝子プロフィールの比較
英文名 Comparison of Virulence Gene Profiles of Escherichia coli Strains Isolated from Healthy and Diarrheic Swine
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.7 (4782-4795 )
掲載年 2006
著者 Chapman T A Wu X-Y Barchia I Bettelheim K A Driesen S Trott D Wilson M Chin J J-C
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

正常ブタと下痢ブタより単離した大腸菌における58の病原性遺伝子(VG)のPCR解析を実施した.17VGが通常ブタと下痢症ブタの区別を付けられる遺伝子として特定され,中でも9VGはオーストラリアでは未報告だった.これらの解析はブタにおいて毒素原性大腸菌の進化と遺伝子変化を知る上で極めて有効だった.

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ブタを飼育する国,地域,豚舎などの環境要因によりブタに罹患する大腸菌は大きく異なり,変異などを菌側から見ると進化を続けると考えられる.本研究では,ブタ新生期下痢(ND)と離乳期下痢(PWD)の原因大腸菌の病原性遺伝子(VG)の変異性を正常ブタからの大腸菌とPCR法の組み合わせ法で比較検討する方法論を採用し,特に変異するVGを特定出来たことは特筆に値する.しかし,これはオーストラリアの場合に限定されるかもしれず,同じ手法で各国で検討し,世界的なレベルで情報交換をすると良い.とくに,我が国はデンマークなどからのブタ肉輸入も多く,これらの情報は貴重である.

危害情報 危害情報4236・生物的危害 病原大腸菌 その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |