JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ヨーネ病の原因菌Mycobacterium avium subsp.paratuberculosisの牛乳における高圧処理と緩やかな加熱との組み合わせによる殺菌

データ
文献番号 5969
文献名 ヨーネ病の原因菌Mycobacterium avium subsp.paratuberculosisの牛乳における高圧処理と緩やかな加熱との組み合わせによる殺菌
英文名 Inactivation of Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis in Cow\'s Milk by Means of High Hydrostatic Pressure at Mild Temperat
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.6 (4446-4449 )
掲載年 2006
著者 López-Pedemonte T Sevilla I Garrido J M Aduriz G Guami B Juste R A Roig-Sagués A X
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

ヨーネ病の原因菌であるMycobacterium avium subsp.paratuberculosisを含む牛乳を高圧処理殺菌(緩やかな加熱との組み合わせ)の効果を検討した。500MPaで4logCFU/mlが平均的な殺菌効率であった。また、低温(5℃)でも室温と同等の殺菌効果が認められた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

牛乳におけるヨーネ菌殺菌に関する知見は、HACCPの観点からは、牛乳の原料管理上、重要な知見である。

危害情報 危害情報4223・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |