JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





金属表面からの炭疽菌胞子の回収法としてのマクロフォームふきとり法の評価

データ
文献番号 5965
文献名 金属表面からの炭疽菌胞子の回収法としてのマクロフォームふきとり法の評価
英文名 Evaluation of a Macrofoam Swab Protocol for the Recovery of Bacillus anthracis Spores from a Steel Surface
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.6 (4429-4430 )
掲載年 2006
著者 Hodges L R Rose L J Peterson A Noble-Wang J Arduino M J
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

ステンレス表面からの炭そ菌(Bacillus anthracis)胞子の検出、回収法として、マクロフォームふきとり法を検討した。本法では、31.7〜 49.1%の回収率であり( 10平方センチメートル、ステンレス表面あたり)、炭そ菌のふき取り検査に有効であることが示唆された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究はバイオテロ防止のために炭そ菌のふき取り検査に関する研究であり、これらの知見は食品工場でのふき取りにも応用可能である。

危害情報 危害情報4219・生物的危害 該当なし


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |