JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





環境からのサルモネラ検出および定量のための内部標準を用いた各種DNAの抽出法の比較

データ
文献番号 5963
文献名 環境からのサルモネラ検出および定量のための内部標準を用いた各種DNAの抽出法の比較
英文名 Comparison of Methods of Extracting Salmonella enterica Serovar Enteritidis DNA from Environmental Substrates and Quantification
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.6 (3879-3886 )
掲載年 2006
著者 Klerks M M van Bruggen A H C Zijlstra C Donnikov M
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

土壌、肥料(牛糞等)、コンポストからのサルモネラのPCR検出のために、市販の5種類の遺伝子抽出キットの性能を評価した。また、擬陰性反応を避けるために、陽性コントロールとして、蛍光タンパク発現プラズミッドを保持した大腸菌を用いた。 キットの抽出効率は土壌やコンポストなどの試料によって異なった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究は、土壌、肥料(動物糞便)、コンポストからのサルモネラの迅速検出法に関する実用的な知見を提供しており、HACCPでの原料管理(検査システム)に関して、有効な情報を提供している。

危害情報 危害情報4216・生物的危害 サルモネラ その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |