JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





スイスにおけるエルシニア・エンテロコリチカ、Yersinia intermedia、Yersinia bercovieri株のヒトとブタの増幅断片長遺伝子多型解析による遺伝子型分類

データ
文献番号 5959
文献名 スイスにおけるエルシニア・エンテロコリチカ、Yersinia intermedia、Yersinia bercovieri株のヒトとブタの増幅断片長遺伝子多型解析による遺伝子型分類
英文名 Genotyping of Human and Porcine Yersinia enterocolitica, Yersinia intermedia, and Yersinia bercovieri Strains from Switzerland b
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.6 (4061-4066 )
掲載年 2006
著者 Kuehni-Boghenbor K On S L W Kokotovic B Baumgartner A Wassenaar T M Wittwer M Bissig-Choisat B Frey J
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

ヒト及びブタ糞及び肉由来のYersinia enterocolitica, のAFLP解析結果は本菌5つの生物型を反映し、さらに細かい型に分類することができる。本法はY. enterociliticaおよび他のYersinia 属細菌の型別に有用である。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"ヒト糞便及びブタ由来のYersinia enterocolitica, Yersinia intermedia, Yersinia bercovieriについてAFLP(増幅断片長多型)解析を行った。AFLPの分類は Y. enterocilitica の生物型1A, 1B, 2, 3, 4型とよく一致した。このうち2, 3, 4は互いにAFPLパターンが似ており、83%の相同性を示したが、1A, 1Bはそれぞれ11%,47%にすぎなかった。1A型は遺伝子的にヘテロであり、さらに4つの大きなクラスターに分類された。IA型には豚由来の株も含まれ、人獣共通感染菌となる可能性を持つ。AFLP法はY. enterocolitica,および他のYersinia 属細菌の型別に有用である。"

危害情報 危害情報4212・生物的危害 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |