JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





小売りされている家禽商品から単離されたカンピロバクター種のヒ素耐性

データ
文献番号 5947
文献名 小売りされている家禽商品から単離されたカンピロバクター種のヒ素耐性
英文名 Arsenic Resistance in Campylobacter spp. Isolated from Retail Poultry Products
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.4 (3069-3071 )
掲載年 2006
著者 Sapkota A R Price L B Silbergeld E K Schwab K J
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

有機ヒ素は米国の家禽生産での成長促進に広く使用されている。本研究では、一般および抗菌剤無しの家禽産物から分離したカンピロバクター種251株の亜ヒ酸塩、ヒ酸塩および有機ヒ素であるロキサルソンに対する感受性を検討した。一般家禽産物由来の菌株はロキサルソンに対してより高い最小発育阻止濃度を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

有機ヒ素は米国の家禽生産での成長促進に広く使用されている。本研究では、一般および抗菌剤無しの家禽産物から分離したカンピロバクター種251株の亜ヒ酸塩、ヒ酸塩および有機ヒ素であるロキサルソンに対する感受性を検討した。一般家禽産物由来の菌株はロキサルソンに対してより高い最小発育阻止濃度を示した。ヒ素耐性のより詳細な理解は公衆衛生上、重要な課題である

危害情報 危害情報4198・生物的危害 カンピロバクター 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |