JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





志賀毒素1と安定毒遺伝子双方を運搬する大腸菌Ont:H52血清型の生産品分離株

データ
文献番号 5946
文献名 志賀毒素1と安定毒遺伝子双方を運搬する大腸菌Ont:H52血清型の生産品分離株
英文名 Produce Isolates of the Escherichia coli Ont:H52 Serotype That Carry both Shiga Toxin 1 and Stable Toxin Genes
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.4 (3062-3065 )
掲載年 2006
著者 Monday S R Keys C Hanson P Shen Y Whittam T S Feng P
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

生産品分離大腸菌Ont:H52血清型の2株は志賀毒素1(Stx1)および安定毒素の遺伝子を保有し、前者のみを発現していた。これらの株は臨床分離Ont:H52株とパルスフィールドゲル電気泳動で90%の類似性を示した。合計3株のOnt:H52株は同一の1塩基多型を持っていた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

新鮮生産品から分離した大腸菌Ont:H52血清型の2株は志賀毒素1(Stx1)および安定毒素の遺伝子を保有し、前者のみを発現していた。これらの株は臨床分離Ont:H52株とパルスフィールドゲル電気泳動で90%の類似性を示した。

危害情報 危害情報4197・生物的危害 病原大腸菌 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |