JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ベロ毒産生腸管出血性大腸菌O157存在を確認するためのスコットランドの野鳥公園の餌場から収集した糞便サンプルの解析

データ
文献番号 5939
文献名 ベロ毒産生腸管出血性大腸菌O157存在を確認するためのスコットランドの野鳥公園の餌場から収集した糞便サンプルの解析
英文名 Analysis of Feces Samples Collected from a Wild-Bird Garden Feeding Station in Scotland for the Presence of Verocytotoxin-Produc
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.72 No.3 (2265-2267 )
掲載年 2006
著者 Foster G Evans J Knight H I Smith A W Gunn G J Allison L J Synge B A Pennycott T W
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

スコットランド南西部の野鳥公園の餌場で、3年間にわたり一定間隔で採取した野鳥糞便で、ベロ毒産生腸管出血性大腸菌O157の検出を行った。1検体が陽性で、同分離株は21/28のファージ型であり、vtx2、eaeAおよびhlyAが陽性だった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

スコットランド南西部の野鳥公園の餌場で、3年間にわたり一定間隔で採取した野鳥糞便で、磁気ビーズによる分離とその後の培養により、ベロ毒産生腸管出血性大腸菌O157の検出を行った。採取した231検体中1検体のみが陽性で、同分離株は21/28のファージ型であり、vtx2、eaeAおよびhlyAが陽性だった。

危害情報 危害情報4191・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |