JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





微酸性電解水の抗微生物効果

データ
文献番号 5925
文献名 微酸性電解水の抗微生物効果
英文名 Microbicidal Effect of Slightly Acidic Electrolyzed Water
雑誌名 日本防菌防黴学会誌 Vol.34 No.1 (2013/03/10)
掲載年 2006
著者 岡本公彰 駒形安子 奥田舜治 西本右子 鴨志田真弓 中村悌一 小宮山寛機
発行機関 日本防菌防黴学会
概要

水に塩酸を加えて電気分解し生成される微酸性電解水の、食中毒菌や医療現場で問題となっている病原菌及びウイルスに対する殺菌・失活効果について調べた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

水に塩酸を加えて電気分解し生成される微酸性電解水の、食中毒菌や医療現場で問題となっている病原菌及びウイルスに対する殺菌・失活効果について調べた。その結果、微酸性電解水は各種微生物に対する殺菌効果が認められた。したがって、食品関連施設などの微生物制御のほか、医療・介護施設における院内感染の危険度の低減に効果が期待できる。

危害情報 危害情報4128・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |