JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





マヨネーズからのReal-timePCRを用いた効果的なCoxiella burnetii検出法の開発と都内流通マヨネーズのC. burnetii汚染調査成績

データ
文献番号 5918
文献名 マヨネーズからのReal-timePCRを用いた効果的なCoxiella burnetii検出法の開発と都内流通マヨネーズのC. burnetii汚染調査成績
英文名 Development of the Effective Detection Method of Coxiella burnetii in Mayonnaise by Real-timePCR and Investigation of C. burneti
雑誌名 食品衛生学雑誌 Vol.47 No.1 (2013/01/08)
掲載年 2006
著者 貞升健志 田部井由紀子 新開敬行 長谷川道弥 金子誠二 平井昭彦 仲真晶子 石崎直人 小田桐恵 鎌田信一 矢野一好 甲斐明美 諸角聖
発行機関 (社)日本食品衛生学会
概要

マヨネーズからの効果的なCoxiella burnetii検出法の検討を行った。検出限界は、マヨネーズ50g当たりC. burnetii500個であった。マヨネーズ合計50製品について、C. burnetii遺伝子検索を行った結果、C. burnetii遺伝子は検出されなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究は、より高感度で、より効率的なマヨネーズからのC. burnetii検出法の検討を、real-time PCR法を用いて実施するとともに、東京都内で市販されているマヨネーズ中のC. burnetii汚染調査を実施したものであり、マヨネーズの原料管理検査法として、重要な知見を提供している。

危害情報 危害情報4116・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 ドレッシング類


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |