JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





気密性のある容器包装に詰められた食品の細菌汚染実態

データ
文献番号 5914
文献名 気密性のある容器包装に詰められた食品の細菌汚染実態
英文名 The Investigation of Bacterial Contamination in the Foods Packaged in Hermetically Sealed Containers
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.22 No.3 (95-102)
掲載年 2005
著者 堀川和美 濱?光宏 村上光一 石黒靖尚 臂博美 長野英俊 小熊惠二
発行機関 日本食品微生物学会
概要

気密性容器包装詰食品5品目(揚げ魚すり身(A)、味付けゆで卵(B)、塩味付け筋肉(C)、おでん(D)、燻塩こんにゃく(E))の各3ロット、各5検体を購入し、pH、Aw、生菌数、好気性芽胞形成菌、クロストリジア、ボツリヌス毒素を測定している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究の成果は容器包装詰め食品(揚げ魚すり身(A)、味付けゆで卵(B)、塩味付け筋肉(C)、おでん(D)、燻塩こんにゃく(E))の危害分析(HA)を行う際、有益な基礎資料となる。概してA、C、Eは危害度が高く、B、Dは低い。

危害情報 危害情報4108・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食品包装詰常温流通食品
危害情報4109・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食品包装詰常温流通食品
危害情報4110・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食品包装詰常温流通食品
危害情報4111・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食品包装詰常温流通食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |