JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





プロバイオティック製品からのサルモネラの検出

データ
文献番号 5893
文献名 プロバイオティック製品からのサルモネラの検出
英文名 Salmonella detection in probiotic products
雑誌名 International Jounal of Food Microbiology Vol.110 No.1 (104-107)
掲載年 2006
著者 Joosten H Bidlas E Garofalo N
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Hygiene
概要

食品より人体に悪影響のあるサルモネラ菌の検出は、食品に含まれる大量の生菌が阻害となり非常に困難である。よく用いられる簡便な濃縮方法では、サルモネラ菌を検出するのは難しいが、食品に含まれる生菌を抗生物質により生育を抑えれば、サルモネラ菌の検出も可能となった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

食品より人体に悪影響のあるサルモネラ菌の検出は、食品に含まれる大量の生菌が阻害となり非常に困難である。そこで、幼児用調整粉乳に人為的に微量のサルモネラ菌を混入させ、検出方法の検討を行った。その結果、よく用いられる簡便な濃縮方法では、サルモネラ菌を幼児用調整粉乳より、ほとんど検出することが出来なかった。そこで、食品に含まれる生菌を抗生物質により生育を抑えれば、サルモネラ菌の検出も可能となった。

危害情報 危害情報4076・生物的危害 サルモネラ 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |