JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食物マトリックスにおける腸管出血性大腸菌O157と大腸菌O26の抗生剤耐性株と感受性株の残存

データ
文献番号 5890
文献名 食物マトリックスにおける腸管出血性大腸菌O157と大腸菌O26の抗生剤耐性株と感受性株の残存
英文名 Survival of antibiotic resistant and antibiotic sensitive strains of E. coli O157 and E. coli O26 in food matrices
雑誌名 International Jounal of Food Microbiology Vol.109 No.3 (179-186)
掲載年 2006
著者 Duffy G Walsh C Blair I S McDowell D A
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Hygiene
概要

大腸菌O157:H7と大腸菌O26の薬剤感受株と薬剤耐性株の、実験用培地での37℃での生育と、ヨーグルト、オレンジジュースでの4℃での生存率を測定した。その結果、大腸菌O157:H7MAR株はヨーグルト、オレンジジュースでほかの株より早く死に、55℃での温度抵抗性も明らかに劣っていた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

大腸菌O157:H7と大腸菌O26の薬剤感受株と薬剤耐性株の、実験用培地での37℃での生育と、ヨーグルト、オレンジジュースでの4℃での生存率を測定した。また、55℃での温度抵抗性についてもあわせて解析を行った。その結果、大腸菌O157::H7MAR株はヨーグルト、オレンジジュースでほかの株より早く死に、55℃での温度抵抗性も明らかに劣っていた。

危害情報 危害情報4072・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 乳及び乳製品
危害情報4073・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |