JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





果物ジュース中のサルモネラ、大腸菌、Listeria innocuaに対する精油の抗菌活性

データ
文献番号 5862
文献名 果物ジュース中のサルモネラ、大腸菌、Listeria innocuaに対する精油の抗菌活性
英文名 Antimicrobial Activity of Essential Oils on Salmonella Enteritidis, Escherichia coli, and Listeria innocua in Fruit Juices
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.7 (1579-1586)
掲載年 2006
著者 Raybaudi-Massilia R M Mosqueda-Melgar J Martín-Belloso O
発行機関 International Association for Food Protection
概要

 果物ジュースにレモングラス、シナモン、ゲラニオール、パルマローザ、ベンズアルデヒドなどのエッセンシャルオイル(植物から抽出したオイル)を添加し、Salmonellaの増殖抑制効果を検討した研究である。すべてのオイルがSalmonella増殖抑制効果を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

 エッセンシャルオイルやその誘導体の抗菌作用についてはこれまでも良く知られている。しかし、果汁へ添加した場合の食中毒菌への最小発育阻止濃度に関する知見はほとんどこれまで報告されていない。フレーバーに影響を与えず、食中毒菌の増殖を抑制する濃度を検討した本研究成果はジュース工場での製品管理上、貴重な知見を提供しており、HACCPの視点からも意義がある。

危害情報 危害情報4019・生物的危害 サルモネラ 食品 清涼飲料水
危害情報4020・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 清涼飲料水
危害情報4021・生物的危害 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |