JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





プレカットされたアイスバーグレタスのリステリアを減少させるための消毒剤の有効性

データ
文献番号 5860
文献名 プレカットされたアイスバーグレタスのリステリアを減少させるための消毒剤の有効性
英文名 Efficacy of Disinfectants To Reduce Listeria monocytogenes on Precut Iceberg Lettuce
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.7 (1565-1570)
掲載年 2006
著者 Hellström S Kervinen R Lyly M Ahvenainen-Rantala R Korkeala H
発行機関 International Association for Food Protection
概要

 カット野菜(レタス)に付着しているListeria monocytogenesを除去するために、次亜塩素酸、過酢酸、市販の有機酸殺菌剤(クエン酸が主要成分)の殺菌効果を検討した。これらの薬剤により、Listeria monocytogenes菌数はおおむね1〜2logの殺菌が可能であった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

 本研究はカットレタスでのL.monocytogenesの除菌効果について検討したものであり、カット野菜の製造工程でのHACCPの観点から重要な知見を提供している。

危害情報 危害情報4016・生物的危害 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |