JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





リステリアバイオフィルムの塩素耐性とサブタイプ、細胞密度とプランクトンの細胞の塩素耐性との関係

データ
文献番号 5851
文献名 リステリアバイオフィルムの塩素耐性とサブタイプ、細胞密度とプランクトンの細胞の塩素耐性との関係
英文名 Chlorine Resistance of Listeria monocytogenes Biofilms and Relationship to Subtype, Cell Density, and Planktonic Cell Chlorine R
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.6 (1292-1296)
掲載年 2006
著者 Folsom J P Frank J F
発行機関 International Association for Food Protection
概要

プランクトン細胞様のリステリア菌集団とリステリア菌集団バイオフィルムについて塩素抵抗性を調べている。また、両者の塩素抵抗性に及ぼす菌のサブタイプ、菌密度(集合菌数)の影響について検討している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究は、プランクトン細胞様のリステリア菌集団とリステリア菌集団バイオフィルムについて塩素抵抗性を低下させると思われる菌のサブタイプ、菌密度について検討している。塩素殺菌をCCPとして採用する際、これらの成果を考慮して、殺菌塩素濃度を定めなければならない。

危害情報 危害情報4003・生物的危害 その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |